自動車保険においては誰が入院した時に補償してくれるか

自動車保険においては誰が入院した時に補償してくれるか

自転車に乗っていると安全だと思うかもしれません。スピードはほとんど出ていないからです。

でも実際にゆっくり走っている自転車に人がぶつかる様子を見たことがあります。
大きな人がかなり飛ばされていました。
すぐに起き上がられていたので大したことはないとは思いますが、もしもっとスピードがついていたら、大変なことになっていたと思います。
そして、現実にそのようなことが起きていると聞いたことがあります。
自転車に関しては、人力ですから、スピードを出すのにも限度があります。
もっとスピードを出すことができるものとしては、自動車があります。
こちらも、もし人にあたったとすれば、飛ばしてしまうかもしれません。かなりゆっくりでないと、飛ばないことはありません。

そのために自動車保険に加入するようにします。
では、誰が入院した時に補償してくれるかです。
まず、すべての運転手が加入する自賠責です。
こちらに関しては、対人分しか補償してくれません。人にあたった、自転車や相手の自動車にぶつかった時、その人たちが病院に行って費用がかかった場合に補償してくれることになります。
そういったトラブルが発生した時、けがをするのは当然対人だけではありません。自分自身もけがをすることがあります。
この時には、自賠責を使うことはできません。ですから、任意保険に加入しておくことになります。
自動車同士であれば、こちらに問題があった場合、自分で対応しなければいけないかもしれません。そのためにも加入しておきます。


更に、自分以外に自分の自動車に同乗している人がいます。
家族の場合もあれば、友人、取引先の人などがいると思います。
この人たちに関しても、自賠責では補償できないことがあります。
任意保険において、同乗者に対する特約をつけておく必要があります。
そうすれば、この人達が病院で治療を受けたりした時にも、一定の補償をしてもらえることになります。
同乗者が多い場合には、かなりの金額になることがありますから、入っておくのが賢明です。

Copyright (C)2017自動車保険においては誰が入院した時に補償してくれるか.All rights reserved.